英語の発音失敗談:東大生がアメリカ人に伝えられなかった簡単な英単語

英語発音-東大発音失敗

「英語の発音は大して重要ではない、カタカナ英語でもなんとか通じる」そう思っている人が多いと思います。しかし、外国人と英語で話してみると簡単な英単語でも通じず、発音の大事さに気付く人が多いです。

東大生のイクコさんもその一人です。英語は大学受験の時に猛勉強をして得意科目だったので、その知識を使って今まで通り発音すれば英会話は問題ないだろうと思っていました。しかし、実際はそう簡単にはいきませんでした。

東大を休学してアメリカで1年間留学。カフェでコーヒーが飲みたくなったので「Coffee, please.」と注文したのですがcoffeeが通じなかったのです。簡単な英単語が通じなかった事にイクコさんはショックを受けました。coffeeだけではなく、中学で習った簡単な英単語がことごとく通じなかったのです。イクコさんは簡単な英単語でもきちんと発音しないと通じないんだと、その時に痛感しました。ちなみに、coffeeが通じなかった原因はfの発音ができていなかったからです

英語と日本語は発音の仕方が違うので、しっかり発音しないと簡単な単語でも通じません。基礎的な内容で十分なので発音を学ぶことをお勧めします。

発音を学びたい方は以下のレッスン動画がおすすめです

短期間で実践的な英会話を学びたい方は英会話教材「This is 英会話」がお勧めです
https://www.thisiseikaiwa.com