「よろしくお願いします」を英語で言うと

よろしくお願いします-英語-english

今回は「よろしくお願いします」を英語でどう言うのか紹介します。「よろしくお願いします」はいろんな場面で使われます。そして、場面によって英語が違ってきます。

1.初めて会った人に挨拶する時

私たちは初対面の人と会う時に「よろしくお願いします」と挨拶をします。役割的に「はじめまして」と同じ意味になります。

「はじめまして」を英語で言うとNice to meet you.なので

初めて会った人に「よろしくお願いします」と挨拶する時はNice to meet you.が使えます。

2.初対面ではない相手と会った時

相手が初対面ではない時に「よろしくお願いします」と言う場合、状況的にはThank you for taking time.「時間を取っていただいてありがとうございます」がニュアンスに近い表現です。相手が来てくれた場合は、Thank you for coming.「来ていただいてありがとうございます」も使えます。

3.頼みごとをした相手に言う時

頼みごとをした人に言う「よろしくお願いします」は相手に感謝の気持ちを伝えています。感謝の気持ちを表す表現はThank you.「ありがとうございます」なのでThank you.が使えます。「よろしく」とカジュアルに言いたい時はThanks.「ありがとう」となります。

この3つの場面がよく使われると思います。

その他にビジネスで「今後ともよろしくお願いします」が使われますが、「あなたと一緒に仕事ができるのを楽しみにしています」とニュアンスが似ているのでI look forward to working with you.=「今後ともよろしくお願いします」となります。

あとは仕事でもプライベートでも「明日よろしくお願いします」が使われますがThank you for taking time tomorrow.「明日時間をとってくれてありがとうございます」がニュンス的に近いです。

今回は「よろしくお願いします」を紹介しました

短期間で実践的な英会話を学びたい方は英会話教材「This is 英会話」がお勧めです
https://www.thisiseikaiwa.com