海外ドラマや映画を観て学ぶ英語勉強法は良くない?

英語勉強-英語勉強法

KADOKAWAやアスキー・メディアワークスより英会話本を出版した沼越康則です。私もそうでしたが、アメリカに留学すると学校で英会話が学べる、そして簡単に上達すると思って日本からやってくる人が多いです。

しかし、学校で学ぶ英語はアカデミックな表現ばかりで実践的な英会話が学べない事に気付きます。そして、現地のアメリカ人の英語は日本の英会話スクールで学んだ英語と違う、日本で販売されている英会話教材の英語は現地のアメリカ人が話す英語よりも遅い事に気付くのです。

困った留学生がよく取る行動は本屋やネットで販売されている英会話教材を探します。私もそうでした。現地のアメリカ人がカンペなしで普通の速度で話している英会話教材を探します。しかも、初対面での会話、仲良くなった人同士の会話を中心に紹介した教材です。私や周りにいた日本人留学生たちは効率性を求めて、そういう英会話教材を探す人が多かったです。

ところが、いろんなアメリカ人が登場して原稿なしで会話している英会話教材がないのです。どの英会話教材も原稿を作って、その原稿を2人のナレーターがゆっくり読んでいますし、英語表現も実際にアメリカ人が使うのとちょっと違うのです。アメリカに行って、そういう事に初めて気付くのです。では、どうするのか?仕方がないので、アメリカの映画やテレビドラマを観るのです。

ところが、最初は根気よく英語字幕、日本語字幕を交互に見て頑張るのですが、そのうちやめてしまう留学生が多かったです。

なぜか?それは映画やドラマの設定が非日常なのです。例えば、「美女と野獣」。魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまった王子の話ですね。非日常の話なので、そのまま使える英語表現が少ないのです。テレビドラマもそうですね。日常的にありそうな話だと面白くないので、映画とテレビドラマはどうしても非日常の内容になってしまいます。一見、日常に見えるドラマも設定が非日常なんです。どうしても、実際に使える表現が少なくなってしまいます。その事に気づいて、映画やドラマで学ぶのをやめる人が多かったです。

もう一つ映画やドラマの欠点を言いますと、字幕を見ている人に短くわかりやすく伝えるために意訳をしすぎてしまうのです。例えば、「アナと雪の女王2」でWhat does that mean?が使われています。「それって、どういう意味?」という訳なのですが、映画では「何の声?」と訳されているのです。映画の内容を具体的に伝えるために、そうしたのだと思いますが、訳は間違っています。このように映画やテレビドラマは、そのまま日本語訳を覚えると間違って覚える事もあります。

英語で聴いて英語で理解するトレーニングには良いと思います。全部英語での生活にするために、趣味で日本語で観ていた映画を英語で観るのはいいと思いますが、映画やテレビドラマをメインにした英語の勉強はオススメできません。

英会話を上達したい方は、初めて会った人との会話、少し仲良くなってからの雑談、待ち合わせ、海外旅行や海外出張に行ってホテルやレストランで会話など、実際に私たちがよく遭遇するシチュエーションを中心に学びたいはずです。アメリカ人同士でどんな会話をしているのか、できればその動画を英語と日本語字幕付きで見て解説も確認しながら学べれば、超実践的な英会話が効率よく身につきます。

アメリカで、この事に気づいた日本人留学生は、効率よく上達するために、こういう英会話教材を必死で探すのです。でも、そういう英会話教材がないのです。

そこで私は、この経験を活かして、アメリカで本当に初対面同士のアメリカ人を集めて、原稿なしで、会話を動画撮影しました。ちょっと仲良くなったアメリカ人同士を集めたり、アメリカのカフェやホテルやレストランなどに協力を求めて、本当の店員を集めて普段通り会話してもらい動画撮影をしました。それを英語字幕と日本語訳をつけ、さらに解説をつけて英会話教材「This is 英会話」を制作しました。これならわざわざアメリカに行かなくても、無理にアメリカの映画やテレビドラマを観なくても、効率よく初対面の会話、少し仲良くなった人との会話など、日常会話に必要な英会話が効率よく学べるようになります。効率よく実践的な英会話を学びたい方におすすめです。

おすすめの英会話教材「This is 英会話」 公式サイト
https://www.thisiseikaiwa.com