TOEIC900点超えの人で帰国子女ではない人の英会話力は?

TOEIC英語-英会話

KADOKAWAやアスキー・メディアワークスより英会話本を出版した沼越康則です。日本ではTOEICを受ける人が多いですよね。帰国子女の人は勉強しないでTOEIC900点超えの人が多いですが、帰国子女ではない人が900点以上だとすごい英語力だと見られます。帰国子女ではなく、TOEICの勉強しかしてきていない人の英会話力はどうなのかお話ししたいと思います。

私はアメリカの語学学校に通っていたことがあるのですが、学校にはTOEIC900点超えの留学生が多かったです。結論から言うと、英会話ができない人が多かったです。TOEIC900点超えなので知っている単語は多いのですが、会話になるとその英語力が役に立っていない人が多かったです。原因はいろいろあると思うのですが、すぐ気づいた原因が2つありました。

1つは今まで英語で会話をしてきていないので瞬発力がないのです。今まで問題を解くことしかしていないので、相手と会って瞬時に相手の言っていることを理解し、瞬時に英語で1フレーズを言えないのです。もっと言うと、ゆっくり時間をとっても1フレーズを英語で言えない人が多かったです。私たちは日本語で会話する時に相手の言うことをすぐ理解し、すぐ返事をしますね。会話のキャッチボールです。今まで英語で会話してきていないので、この会話のキャッチボールが英語でできないのです。

2つ目はアメリカ人が普段話す英語とTOEICの英語が違うのです。TOEIC900点超えだからリスニングはできる。そう思うかもしれません。しかし、人によりますが、TOEICの英語は少しゆっくり滑舌よく話されています。TOEICの英語のリスニングを担当したアメリカ人ナレーターが実際そう話していました。スピードだけではありません。TOEICで覚えた単語は新聞や雑誌などでよく使われると思いますが、アメリカ人が普段会話で使う英語表現とは違うことがよくあります。そのため、言っていることが理解できないと言う人も多かったです。例えば、同じクラスでTOEIC900点超えの人が「参加します」をI’ll attend.と言っていました。でも、アメリカ人はそんな言い方をしません。「参加します」はI’m in.と言う人が多いです。だから、アメリカ人がI’m in.と言うと理解できないのです。英語を話す速さと使う表現が違うのです。

このように帰国子女ではない人でTOEIC900点超えの人でも会話のトレーニングをしていなければ英語で会話ができません。語学留学をしていた時に印象的だったのが、同じ語学学校にTOEIC400点くらいの人がいたのですが、その人は会話のトレーニングをしていたので同じクラスでTOEIC900点超えの人より英語で会話ができていました。

もちろん、帰国子女ではなく、TOEIC900点超えで英会話ができる人もいました。その人はTOEICと並行して英会話のトレーニングをしていました。TOEICと英会話はトレーニングの仕方が違うので、英会話が上達したい方はTOEICではなく英会話のトレーニングが必要です。

短期間で実践的な英会話を上達したい方は英会話教材「This is 英会話」がおすすめです。国際パイロット養成所が日常英会話教材として使用しています。「This is 英会話」では、約150人のアメリカ人が動画に登場して、いろんなアメリカ人の日常会話が聴けます。そして、アメリカ人がよく使う英語表現を声に出して覚えるトレーニングができます。

This is 英会話 公式サイト
https://www.thisiseikaiwa.com