マルーン5「メモリーズ」の英語解説を紹介

マルーン5英語解説

SugarやGirls like you.などのヒット曲を歌うアメリカのロサンゼルスで結成されたロックバンドのマルーン5。今回はマルーン5の新曲「メモリーズ」の英語解説をします。

Here’s to the ones that we got
分かち合った思い出に乾杯

*Here’s to ~「〜に乾杯」
* the ones that we got「分かち合った思い出」

Cheers to the wish you were but you’re not
叶わない願いに乾杯

*cheers to ~「〜に乾杯」
*wish「願い」

Because the drinks bring back all the memories
飲めば思い出が胸によみがえるから

*bring back「よみがえる」

Of everything we’ve been through
共に経験してきたあらゆることの思い出が

*through「経験する」

Toast to the ones here today
今日ここで噛み締める思い出に乾杯

*toast to ~「〜に乾杯」

Toast to the ones that we lost on the way
道の途中で失くした思い出に乾杯

*on the way「道の途中で」

Because the drinks bring back all the memories
飲めば思い出が胸によみがえり

And the memories bring back memories, bring back you
思い出が思い出が君を連れ戻してくれるから

There’s a time that I remember
胸に浮かぶのは

when I did not know no pain
僕がほんの少しも痛みを知らなかった頃のこと

*pain「痛み」

When I believed in forever
永遠を信じていたんだ

*believe in ~「〜を信じる」
*forever「永遠」

And everything would stay the same
何も変わらず全てがずっと同じままだと

*stay the same「何も変わらずずっと同じまま」

Now my heart feel like December
心が12月みたいに凍えてしまう

*heart「心」
*feel like December「12月みたい」という意味だが「みたいに凍える」と意訳している

When somebody say your name
今は誰かが君の名前を口にすると

Cause I can’t reach out to call you,
君に電話しようと手を伸ばすことも出来なくて

*CauseはBecauseの略
*reach out「手を伸ばす」

but I know I will one day
だけどきっといつの日か

*one day「いつの日か」

Everybody hurts sometimes, everybody hurts someday
誰しも時には傷ついて 誰しもいつか傷ついて

Everything will be alright,
やがて全てがうまくいくのさ

go on raise a glass and say
さあグラスを掲げて こう言おう

*go on raise a glass「グラスを掲げる」

Here’s to the ones that we got
分かち合った思い出に乾杯

Cheers to the wish you were but you’re not
叶わない願いに乾杯

Because the drinks bring back all the memories
飲めば思い出が胸によみがえるから

Of everything we’ve been through
共に経験してきたあらゆることの思い出が

今回はここまでです。

短期間で実践的な英会話を学びたい方は英会話教材「This is 英会話」がお勧めです
https://www.thisiseikaiwa.com

マルーン5「メモリーズ」のミュージックビデオはこちらです。理解できるか挑戦してみましょう!